忍者ブログ

着物をリメイク

40を過ぎると着物が好きになるのは日本人だからでしょうか?
不思議なもので、若い頃、私は着物をあまり着たがりませんでした。高校生の時、中振袖を着せられて父と一緒に母の従妹の家を訪問した事があります。何故父とだったのか、それより何故着物を着て行ったのか、未だにわかりません。



小さなころは、お正月になると「着物を着せて、着せて」と母に頼んで着せてもらっていました。その着物が着られなくなった後は、絣の着物を作ってもらいましたが、成人式の振袖を着るまで殆ど着物は着ませんでした。



そして、振袖の写真は早撮りしてしまったので、成人式当日は(会場が自分が通っていた大学の講堂だったこともあり)、振袖も着ず、成人式に喪出席しませんでした。



ところが、40代になると着物が着たくなってきました。今迄は結納の時の振袖も結婚後にお呼ばれした従妹の結婚式に着て行った訪問着も、いつも母に着せてもらっていました。母が言うには、一度着付け教室に通うとコツがわかるから、ということでした。



身体の関係で毎週決まった時間に通えるか自信が無く、今迄通っていませんが、結構友達も40代から着物を着るようになっています。



そして、娘の成人式の家族写真と、娘の結婚式の日に母のお下がりの留袖を着た位が、最近私が着ものを着た折りです。いつも緩めに着つけてもらいますが、留袖は途中で羽二重が出てきてしまい、着付け直してもらう始末。



普段から着物を着慣れていないと、所作も綺麗にならないので、早く習いたいと思っています。



PR

コメント