忍者ブログ

着物をリメイク

着物をリメイクするには!?
私は手芸店で働いていた時、「和ものブーム」がはじまりました。



たぶん10年くらい前です。手芸のブームも移り変わりが激しいのでチェックしていたのですが、和ものブームは今でも続いていて長い人気を保っています。某100円ショップでも和もの小物が売られていたりと長い流行っていいですね。



私も和服や和ものの小物が好きでがま口財布を使ったりしていましたが、着物をたおして小物を作る人や着物を洋服にする本なども出版されていたので私も買って読みました。



吊るし雛を作る材料としても使う人が多く、着物のリサイクルショップでは手芸目的で着物を買う人が増えたそうです。リサイクルショップの方でも流行りをキャッチして、痛みの酷い着物はハギレとして売り始めたり、帯地もカット売りしたりしていました。



帯をタペストリーにしたり、テーブルセンターに使ったりするのもインテリアとして流行し始めたのもほぼ同時期だったせいもあって着物やさんと手芸店を往復されるお客様が多かったのを覚えています。



印象深いのは、親の形見の着物を使って自分で洋服とバックを作った方です。



長く使えるようにと流行りのないベーシックな形に仕上げていました。それをさらに娘さんに引き継いで欲しいという気持ちのようです。



また、思い出の七五三の着物で和服用の髪飾りを作った方も素敵でした。代々使える物に変わるのを見ていて楽しかった思い出です。



ただ、リメイクも良いですが、どうにもならない着物は
【PR】着物 処分
で引き取ってもらう方が良いかもしれません。




PR

コメント